真面目なサラリーマン 旅に出る

真面目なサラリーマン 旅に出る

ゴロー丸の南米旅日記

イグアスの滝に入場できない?


朝起きて、宿の受付に荷物を預けた。

昨日居た感じのいい兄ちゃんではなく、アルゼンチン版の田舎娘という感じの

メガネにおさげをした、素朴な子がいた。

サヨが話しかけると、テンション高く答えていて、サヨが差し出した飴を嬉しそうに受け取っていた。

サヨは、彼女をとても可愛いらしいと言っていた。

8:30頃、バスターミナルからバスに乗り、イグアス公園へ向かった。

順調だった。

乗る時に、僕は、周りの人に気を使い過ぎて、どんどん先へ行かせてしまい、

サヨに怒られた。

あの人達は、譲ってもお礼も言わないし、僕達が座れなくなってもどうでもいいんだと言われた。

確かに、その通りかもしれない。

イグアス公園までの道は、ガタガタで立って乗っていたら、気持ちが悪くなっていたかもしれない。

少しウトウトしてしまったが、サヨのその言葉が頭にあり、

到着した時は、我先に降りてやろうと思った。

そして、バスから降りた瞬間、僕は最大のミスを犯した。

その瞬間は、スローモーションだった。

僕の手から、一眼レフが落ちたのだ。

そして、落下したのと共に、何かパーツが飛び散ったのがわかった。

すぐに無事ではないことがわかった。

外傷は浅いが、僕の心のダメージが深かった。

すぐに動作確認をすると、動作には問題はなかった。

不幸中の幸いかもしれないが、僕はいつもすぐに心を切り替えることができない。

サヨは、大雑把すぎる性格なので、こういう時、中身が無事で使えるならまあいいかと切り替えるタイプだが、

僕は、ずっと落ち込んでしまう。

服に何かこぼしても、サヨは後で洗えばいいやと開き直る。人の目を気にしなさすぎる。

でも僕は、服にしみができるといたたまれなくなる。みじめな気分になってしまう。

本当に正反対だと思う。

だけど今日は、冷静を装って、チケットを買いに行くことにした。

すでに、カメラのせいでもたもたしていたら、売り場は列ができていた。

ここで、大きな事件が起こる。

地球の歩き方に載っていた料金が、全く合っていない。

料金は、載っている金額の倍以上だった。日本円にすると、二人で4000円も違う計算になる。

アルゼンチンに入ってから、地球の歩き方は全く頼りにならず、料金が全部違っていた。

最新版を買ったはずなのに、とんだはずれだ。

完全にお金が足りない。

カウンターでは、カードもドルも使えないと言われ、何も解決策を教えてくれなかった。

もちろん、両替所もない。

サヨが、入口横にATMがあると調べてきたので、そこに行ってみるが、

なんと機械まで使えず、我々だけではなく、他の外国人も使えないようだった。

完全に途方に暮れた。

とりあえず、サヨがベテランっぽいおばさんの係員にどうしたらいいか聞くと、

中にも一台ATMがあるから、一人だけ入れてあげるから、行って来いと言われた。

意を決して行った。

正直、ここまで来て入れないかもしれないと言うパニックで、説明された場所をよく覚えていなく、

中のインフォメーションでマップをくれと言ってみたが、マップはないと言われた。

日本の観光スポットのように、自由に地図をもらえるサービスは、アルゼンチンにはないらしい。

とりあえず、ATMの場所を教えてもらって、何とか見つけてカードを差し込んだ。

うん?

さっきと表示が違うやん。

適当に頑張ってみたけど、このカードは使えないと返されてしまう。

全てのカードを入れてみたけどダメ。

決して、残高不足とかそんなはずはない。カード自体が対応していないのだ。

どんな顔して戻ればいいのか、かなり焦った。

戻ってサヨに行ってもらった。

サヨを待っている間、日本人をとにかく探した。

トイレから出てくる人、入場する人、血眼になり見たけど、いなかった。

一人だけアジア人っぽい人がいたので、声をかけてみたが違った。

僕のことを、凄い怪しい人だと思っただろう。

結局、サヨが行っても無駄だった。

しかし、ここで救世主が現れた!

従業員のジョージだ。

何とショップで、なんでもいいからドルでチープなものを買って釣りをペソにしてもらってこいと彼は提案した。

その手があったか!

でもなぜ、入場料ではドル払えないのに、ショップはOKなのか、かなり謎すぎる。

とにかくショップへ急ぎ、ファンタオレンジを買い、ついにお釣りでペソをもらえた!

なんとも言えない感動だった!

イグアスの奇跡が起こった。

晴れて二人分のチケット代のペソを払い、チケットを手に入れて入園。

心配そうに待っていたジョージにチケットを見せると、喜んでくれた。

ジョージと堅い握手をした。

なぜか、もう一人のおっさんの従業員も喜んでくれた。

入ってすぐに滝というわけではなく、トロッコ列車に乗って、奥まで行かなくてはいけない。

そのトロッコ列車の駅が、すでに凄い人が並んでいた。

さすが世界三大瀑布だ。

トロッコ列車は、かなり長くて、丸ノ内線くらいの長さはあったが、満員だった。

10分ほどかけて、滝の入口へと向かった。

そして、到着した駅からまた10分程度歩いて滝が見える場所まで行った。

道は、いくつも別れていて、見るポイントがたくさんあるらしくて、

どういう風なルートを選べばいいのか迷った。

とりあえず、適当に行ってみたところから見えた滝がもう凄かった。

かなり広く、大きいのでとても歩くけれど、色んな角度でイメージもかなり違った。

そして、ところどころ、かなり滝に近寄れるようになっていて、真上から見下ろしたり、

真下から見上げたりできるポイントもあるのだ。

これは、真上から見下ろしたポイント。真下から見上げている人達も見える。

世界三大瀑布はやっぱりスケールが違う。

ブラジル側からも見えるようになっているので、どっちがブラジル側なのだろう。

食堂の周辺に可愛らしい生き物がいた。

ハナグマだ。

こいつらは、可愛い見た目をしているけれど、実体は、ニホンザルのような扱いらしく、

人間の食べ物を狙う悪さをしているらしかった。

しかも、そのするどい爪でえぐってくるらしい。

これは、テーブルで食事をしていると、テーブルに乗り食べ物を奪いに来たところ。

サヨは動物が好きなので、触れあえない事に残念がっていたが、

大きなぬいぐるみを見つけて、喜んでいた。

そして、イグアスの滝の一番の見どころへと向かう。

ranking参加中です。応援の1クリックをよろしくお願いします。

こちらもチェック ブログ → 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸
当ブログは、こんな人が
書いています。

コメントをする

​※メールアドレスは公開されません。

関連記事:

ゴロー丸

馬鹿真面目が取り柄のサラリーマンです。

自分では、斎藤工に似てると思っていますが、嫁からはラグビーの五郎丸選手に

似ていると言われます。嫁より女子力高めのアラサー。

海外女一人旅が趣味の嫁についていったら、こうなりました。

  • Grey Facebook Icon
  • Grey Instagram Icon
  • Grey Twitter Icon

© 2017 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている All rights reserved.

 

Goro-maru

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black Twitter Icon
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now