南米旅の記事が終わっていませんが、ブログ移転します。

ここに。

http://goro-marunotabi.seesaa.net/

ブログ移転します。

2018/03/27

クスコを去る日

2018/03/15

クスコの市場

2017/11/23

1/8
Please reload

関連記事:

旅先での別れって辛い

2017/07/20

 

 

 

 

 

ルカと3人で国境を目指した。

 

調べてきたかかる時間よりも早くボリビアを出国できた。

 

その際に、出国スタンプをミスされ、結構ひどいことに。

 

文字もつぶれてしまっているので、入国で何か質問されたらどうしようとドキドキした。

 

 

しかし、無事にアルゼンチン入国。

 

 

国境越えを歩いてしたのは、初めてのことだった。

 

そして、徒歩で入国しても、ちゃんと荷物検査はされるんだなと思った。

 

調べによると、すぐにバスステーションがあるはずだったけど、

 

ちっともある気配がない。

 

 

とりあえず、3人でそれらしき方向へ歩いてみた。

 

 

相変わらず、野良犬はたくさんいて、我々の後をついてくる。

 

人間に吠えてきたりはしないんだけど、犬同士で喧嘩し始めたり、

 

時には、走っている車に突撃するかのように、吠えかかって行ったりするので、

 

いちいち、びくびくした。

 

 

ルカは、クレイジードッグと言っていた。

 

 

ルカとたくさん話したい。ルカが、日本語ではドッグは何て言うのかと聞いてきたので、

 

「いぬ」だよと教えると、そこから、じゃああれは?これは?となったので、

 

いくつか簡単な日本語単語を教えた。

 

 

サヨもこうやって、日本語教師としていつも外国人に教えてるんだなと思った。

 

特に海外に来ると、その職業を活かしたコミュニケーション能力には感心する。

 

 

外国人に日本語を教えるのが楽しかったから、日本語教師の道を考えたのかなと、今更ながら思う。

 

 

 

ルカが色んな人に道を聞いてくれたおかげで、無事バスターミナルを発見した。

 

 

坂の上にあった。

 

 

まず、声をかけてきたおっさんの所はルカが、高いと思うと言ったので、

 

2つ目に決めた。

 

 

とりあえず、サルタという中心の町まで行くらしい。

 

サヨが出発時間を聞くと、すぐに出ると言ったので、

 

先を急ぐ僕達は、乗ってしまうことにした。

 

 

そこで、初めてルカがチケットを持っていることに気付いた。

 

ルカのチケットは次の時間のバスだった。

 

 

なんてことだ!!

 

ここで、こんなにも急にルカとお別れをしなくてはいけなくなった。

 

サヨも驚いていたし、ルカも、残念そうにしていたが、

 

旅人同志は、きっとそれぞれの行く場所があるから、引きとめあったりしないんだなとわかった。

 

 

でも僕は、とてつもなく寂しくなった。

 

思わずルカに抱きつく。

 

もっと話したかったし、もっと仲良くなりたかった。

 

できれば、一緒にもっと旅をしてみたかった。

 

 

サヨもルカとハグをして、日本に来たら必ず連絡してねと言っていた。

 

ルカも寂しそうに微笑んでいた。

 

サヨに抱きつかれて嬉しかったかもしれないけど、僕に抱きつかれてルカは引いていたかもしれないと思った。

 

 

 

バスに乗るためのお金も両替してもらったが、ボリビアーノからアルゼンチンペソに変えるには、

 

とてつもなくレートが悪かった。

 

 

荷物を預け、チップを10ペソ払い、バスに乗り込んだ。

 

サルタへと向けて出発した。

 

窓の外の景色は、雄大だった。

 

標高の高い場所にいるのが、ひしひしと伝わってきた。

 

時々、サボテンも現れた。

 

 

ウユニ塩湖でのみんなとのお別れも、ルカとのお別れも、

 

へっちゃらのように、サヨは、マイアミで買った塩辛くて甘いクッキーを食べていた。

 

僕みたいに感傷に浸っていなかった。

 

次の町が楽しみなんだと言っていた。

 

 

たまに僕にしている旅先での大好きになった人達との別れを、

 

こんな風に切り替えてるんだなと思った。本物の旅人なんだなと思った。

 

僕はやっぱり、サヨみたいに一人旅なんて無理です。

 

 

バス車内では、やっと英語が通じた。

 

 

僕は不安で、たくさん調べてきたんだけど、ここでも調べてきた通り、

 

警察によるパスポートチェックが2回、僕は荷物確認を1回された。

 

 

外国の警官は、いつ見ても怖い。

 

僕は、気分を害されないように、ひたすらグラシアスと言っていた。

 

でも、サヨは、手を振っていた。

 

そして、窓の外の怖そうな警官もサヨに手を振り返していた。

 

やっぱりすげーと思った。

 

 

 

 

 

その後、7時間ほど走ったところで、かなり遅れていることに気付いた。

 

 

途中から乗ってきた、隣の席のニュージーランド人のマッスルな女性も、

 

サルタはもう過ぎちゃったのかしら?と心配して聞いてきた。

 

サヨと女性は、ニュージーランドつながりで、盛り上がった。

 

でも、女性はブエノスアイレスへ行くらしく、あまり長くは係わらなかったけど、

 

また一人、外国人と話をした。

 

サルタに到着するまで、似たような景色が続いた。

 

 

 

ランキング参加中です。応援の1クリックをお願いします。

 

 

 

 

こちらもチェック ブログ→ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Please reload

ゴロー丸
当ブログは、こんな人が
書いています。

コメントをする

​※メールアドレスは公開されません。

© 2017 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている All rights reserved.

 

  • Grey Facebook Icon
  • Grey Instagram Icon
  • Grey Twitter Icon

ゴロー丸

馬鹿真面目が取り柄のサラリーマンです。

自分では、斎藤工に似てると思っていますが、嫁からはラグビーの五郎丸選手に

似ていると言われます。嫁より女子力高めのアラサー。

海外女一人旅が趣味の嫁についていったら、こうなりました。

Goro-maru

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black Twitter Icon
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now