南米旅の記事が終わっていませんが、ブログ移転します。

ここに。

http://goro-marunotabi.seesaa.net/

ブログ移転します。

2018/03/27

クスコを去る日

2018/03/15

クスコの市場

2017/11/23

1/8
Please reload

関連記事:

ローカルバス恐ろしい

2017/07/09

 

 

 

 

20:00になり、みんなとウユニのバス乗り場へ向かった。

 

A子さんとは、すでに別れていたけど、ラパスから一緒に来たメンバーは、そのまんま

一緒だった。

だけど、僕とサヨ以外は、みんな一緒にラパスへ戻り帰国するのみなので、

ここからは、サヨと2人に戻って、みんなとはルートが別々になる。

 

別れ際、なんかめっちゃ寂しかった。

 

そんな長期間一緒にいたわけじゃないのに、悲しくなった。

特に、I君の泣き顔に、もらい泣きしてしまった。

 

サヨがよく言っていた、旅先での別れというものは、こういうことなんだなと思った。

が、サヨは意外にも前向きのようで、次のバスへと颯爽と向かって行った。

 

 

バスは、ありえないくらいにオンボロだった。

まじでこれに乗るのか?まるで、お化け屋敷に入るかのような気分になった。

相変わらずサヨは、へっちゃらなようで、気にもしていない様子だった。

 

バスに乗り込む前に、バックパックを預けた。

サヨは小慣れていて、運転手だか係員だかわからないけど、荷物をしまってくれる人に愛想良く接してた。

運転手も、ニコニコ挨拶されて上機嫌だった。

こういうのは大事なんだそうで、運転手や添乗員に愛想良くしていれば、何かあった時、少しは守ってくれるし、何かと気にかけてくれるかららしい。

 

しかし、僕は、預け荷物にタグなど全くつけられずにしまわれるのが、めっちゃ不安だった。

これじゃ盗まれてもわからないじゃないか。

やっぱり大丈夫なのか?このバス。

 

 

予約した通りの一番前の座席に座った。

 

 

乗ってくる人は、子供連れや、大きな荷物を抱えた現地人ばかり。

日本人なんていない。しかし、一人だけ白人が乗り込んできた。

 

 

バスが出発してすぐにおかしいことが起きた。

 

運転席から客席へ入るには、扉があるのだけど、

走り出したばかりなのに、一人の客がその扉を叩いて何か叫んでいた。

しかも、僕達は一番前の席だから、真横に立たれて叫ばれてかなり恐怖だった。

 

車内は、真っ暗だし。

フードをかぶり、恐怖に打ち勝とうとした。

 

サヨは、こんなバスですぐに寝てしまっていた。

慣れ過ぎだろ!正直、すげーとしか言いようがない。

 

僕も眠りたかったが、車内の凄い寒さと誰か襲われるのではないかという不安から、

とてもじゃないが、すぐには眠れなかった。

 

 

ただ、バスはずっとウユニ塩湖の近くを通っているようで、星がきれいだった。

とにかくそのきれいさが、ちょっとだけ不安を忘れさせてくれた。

ちょうどi-podからは、ゆずの歌が流れていて、とてもマッチしていて脳裏に焼き付いている。

 

 

バスは途中何度も停まった。

 

トイレ休憩で降りる人もいたが、降りて置いて行かれたらという不安で、降りられなかった。

しかも、たった一人で、降りる勇気もない。

本当に怖いというのは、こういうことかと思った。

何度も、こう来たら、こう返すぞ!という戦いのシミュレーションを頭の中でした。

ラパスから来たバスとは、全く違う、ローカルバスの恐ろしさを知った。

 

サヨは、その間ずっと寝ていた。

 

 

何度目かの停車で、車内の様子が変わった。

みんなが降りていくという感じだった。

ドライバーも何か言っている。でもわからない。

 

サヨを起こすも、どうしていいかわからない。

 

 

その時、乗るときに見かけた白人が来たので、聞いてみた。

チェンジバスと言う言葉だけ聞き取った。

そう、ルカが教えてくれたのだ。

 

そこで降り、自分でメインバックを積み替え、トイレへ向かった。

 

ウノと言われたが、話してる余裕がなく無視してひたすら中へ入った。

出たら、また言われた。さすがに払った。

 

 

サヨと、もう一台のバスに乗り換える。

 

席は自由席になったのか、埋まってしまっていた。

空席を探すと、さっきの白人(ルカ)の隣が空いていたので、サヨをそこへ座らせる。

僕は、2席使って寝ていた地元人の女性を起こし、サヨの席から道をはさんで座った。

 

ルカは、すぐにイタリア出身ということがわかり、持っていた飴をあげた。

そしたらお返しにパンをくれた。

でも、僕はお腹の心配があり、ちょっとだけ齧って、ポケットにそっとしまった。

サヨは、普通に食べていた。

この小さくはないバスに、外国人は僕とサヨとルカだけなのだから、仲良くしたいと思った。

 

 

後ろの席の南米系の人から、時間を聞かれたので教えてあげると、

日本語でお礼を言われた。

さっきのバスより、だいぶ気持ちが楽になった。

 

 

予定よりもかなり早く、バスはビジャンソンに着いてしまった。

バスの中でもすでに寒かったのに、外は凍えるような寒さだった。

 

でも、ルカが一緒だった。

外はまだ夜も明けないし、怖そうな地元の人達もうろついているけれど、さっきより、全く怖くない。

 

この旅、2回目の大きな友達ができた。

 

 

その後、バスステーションの建物を見つけ、3人でそこへ入ってたくさん話した。

僕と同じように、ワンピースのサンジが好きなことや、サッカー、ミラノを応援していること、

そして、ブラジルで先生をしているらしい。

ルカは、野良犬にかなり気に入られていた。

 

そのうちに、寒すぎてまたお腹が痛くなり、トイレを探した。

 

BANOと書いてあるのをみつけたが、なんとまだ空いていなかった。

その後は、必死だった。僕は、日本の裏側で…

ご想像にお任せします。

 

戻ると、サヨとルカが楽しそうに話をして盛り上がっていた。

ちょっと同じベンチに座っていた地元の人とも仲良くなっていた。

そして僕は、何度もトイレを往復した。

 

 

時間が経つのを待ち、5:30を過ぎて、3人で国境へと向かった。

サヨは元気に、仲良くなった地元の人達にバイバイをしていた。

サヨはみんなに、笑顔で手を振って見送られていた。

 

 

 

ランキング参加中です。応援の1クリックをよろしくお願いします。

 

 

 

 

こちらチェック →ブログ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Please reload

ゴロー丸
当ブログは、こんな人が
書いています。

コメントをする

​※メールアドレスは公開されません。

© 2017 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている All rights reserved.

 

  • Grey Facebook Icon
  • Grey Instagram Icon
  • Grey Twitter Icon

ゴロー丸

馬鹿真面目が取り柄のサラリーマンです。

自分では、斎藤工に似てると思っていますが、嫁からはラグビーの五郎丸選手に

似ていると言われます。嫁より女子力高めのアラサー。

海外女一人旅が趣味の嫁についていったら、こうなりました。

Goro-maru

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black Twitter Icon
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now